投稿日:2022年6月23日

造成工事の打ち合わせには欠かせない専門用語

こんにちは!群馬県桐生市に拠点を構え、土木工事や石ブロック工事などを行っている株式会社千本木重機興業です。
造成工事を行う場合、業者から専門用語をいわれることがあります。
その意味を知らないと、思わぬトラブルに発展する可能性があるかもしれません。
そこで、今回は造成工事の打ち合わせには欠かせない専門用語についてご紹介いたします。

切土と盛土


傾斜や高低差のある土地で建築を行う場合、造成工事を行い平らな土地にする必要があります。
その際、高さのある土地を削り取って平らにすることを切土といいます。
一方、盛土とは低い土地に土を盛って地面を高くして平らにすることです。
地面を削り取る切土に対して盛土は新しい土を足すため、地層が元の地盤の層と盛土を行った層に分かれてしまいます。
そのため、それぞれの層の境が滑りやすくなるといったリスクがあります。
盛土を行う場合は施工箇所をしっかりと固め、滑らないようにする十分な対策が必要なのです。

残土

切土や基礎工事を行う場合に地面を削る作業を行います。
残土とは、その際に発生する使用用途がない土のことです。
使用用途がないため、施工で発生した残土は敷地外に運搬されて処分されることがほとんどです。
しかし、処分をするといっても適当な場所に廃棄することはできません。
残土を受け入れてくれる専門の場所まで運搬する必要があります。
その際には残土処分費や運搬費用などが別途かかります。
更に、ガラなど残土以外の異物が多量に混入していると、処分費用が割高になってしまうこともあるので注意が必要です。

千本木重機興業へご相談ください!


千本木重機興業では、造成工事をはじめとした幅広い工事を行っております。
弊社は気力・体力ともに充実した経験豊富なスタッフが多数在籍しているため、高い技術力やスピード感ある対応に自信があります。
そのため、工期厳守の施工を徹底しつつ、イレギュラーな事態にも的確かつ迅速に対応することが可能です。
施工業者をご検討中の方、幅広い施工が可能な業者をお探しの方は、まずは千本木重機興業へご相談ください。

【求人】千本木重機興業では新規スタッフを募集中!

千本木重機興業では、作業員や重機オペレーター、現場責任者の各職種で一緒に働いていただける新規スタッフを募集しています。
すでに同じ業界で活躍してきた経験者はもちろんのこと、これから職人になりたいと考える未経験の方も大歓迎です。
弊社は可能な限り従業員の負担を抑え、仕事に打ち込みやすい環境づくりに取り組んでおります。
その一環として社員寮を完備しており、遠方の方にもご安心いただける環境です。
土木工事のスキルを磨きたい方、働きやすい職場でスキルアップしたい方からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

土木工事・外構工事は群馬県桐生市の千本木重機興業
ただいま現場スタッフを求人募集中です!
〒376-0122 群馬県桐生市新里町野290-10
電話:0277-46-7002 FAX:0277-46-7003


関連記事

太陽光発電基礎工事

太陽光発電基礎工事

茨城県神栖市のメガソーラーの基礎工事です …

地元市内の管理棟新設工事

地元市内の管理棟新設工事

こんにちは。株式会社千本木重機興業です! 群馬県桐生市を拠点に関東一円で土木工事や外構工事、石工事、 …

【2021年下半期】桐生市某所 耐震工事

【2021年下半期】桐生市某所 耐震工事

桐生市某所 耐震工事 今回写真にてご紹介しているのは、耐震工事における掘削および埋め戻し工事の状況で …

採用情報  お問い合わせ